×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジェットリーのこと

ジェット・リーはご存知中国のアクション俳優です。ジェットリーは本名李 連杰(リー・リェンジエ、英語名:Jet Li、ジェット・リー 1963年4月26日‐)と言い、ジェットリーは中国遼寧省瀋陽市出身です。
ジェットリーは8歳から武術を学び、中国全国武術大会(演武の大会)において、5回連続で総合優勝を成し遂げるほどの武術の腕前だったそうです。ジェットリーはその並外れた身体能力を活かして1982年に『少林寺』で映画デビューしました。ただ、このときのジェットリーはリー・リンチェイという名義だったんですけどね。
ジェットリーは1991年のツイ・ハーク監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』の大ヒットでスターの座を確たるものにしたといえるでしょう。
そんなジェットリーは1998年に『リーサル・ウェポン4』の出演によってハリウッドデビューを果たし、ハリウッド、ヨーロッパ、香港、中国と活躍の場を広め、ジェットリーは世界的な俳優となりました。

ジェット・リー 最新作

ジェットリーの最新作は2007年のアメリカ映画『ローグ・アサシン』です。ローグ アサシン(Rouge Assassin)は2007年のアメリカ映画。ジェット・リーとジェイソン・ステイサムが競演したアクション映画だったんですが、このローグ アサシンでジェットリーはローグという名前の殺し屋の役を演じていました。日本版ではKREVAが主題歌を歌った映画として記憶している方も多いのではないでしょうか?
ローグアサシンはジェットリー主演のハリウッド映画ですが、ローグアサシンには日本人俳優として石橋凌さんやケインコスギさんも出演していました。
ハリウッドデビューしてからのジェットリーは色々なタイプの作品に出演していますが、ジェット・リーといえばやはり拳法アクションが好きという昔ながらのファンが多いみたいですよ。
ジェットリーの最新作で魅力を感じた人も、一度過去のジェットリー作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。
ジャッキーチェンとはまた違ったジェットリーのカンフーアクションがあなたをシビレさせてくれることでしょう!

ジェットリー オススメ映画

ジェットリー出演作品でオススメなのは「キスオブザドラゴン」「ロミオマストダイ」あたりでしょうか。これらの作品は大体ジェットリー作品の口コミ批評などを見ても高評価されているみたいです。
ジェットリー作品で賛否両論なのが「HERO」ですね。映像と衣装がきれいだったという評価をよく聞きます。特にジェットリーの戦闘シーンの映像が人気みたいです。
まあ、こういう映像とか衣装ばかりが話題になる映画というのは正直ちょっと・・・と思ってしまうんですけどねw
それからジェットリー作品であまり評価が芳しくないものといえば「ワン」でしょうか。最後の30秒は確かにインパクトがあり、続きが知りたい!と今でも思ってるんですが、全体としては酷かったというのがぶっちゃけた意見です。
ジェットリー作品は、基本的にはリー・リンチェイの頃の作品をみた方が確実に面白いと思います。『スウォーズマン/女神伝説の章』と『ワンチャイ』のシリーズは手放しでオススメできます。
スウォーズマンはブリジット・リンが素晴らしいです。
ということで、ジェットリーの魅力、あなたもハマってみませんか?

Copyright © 2007 ジェットリー 最新作も旧作も!